きれいな髪に

白髪染めどうしてますか?

白髪染めどうしてますか?
30代の後半からポツポツと目立ち始める嫌な「白髪」。
40代では多くの方が何かしらの対策をしています。
でも、一番やってはいけないのが髪を傷める成分を使った白髪染め・ヘアカラー
いくら、きれいに染まっても、それは一時的なもの。
髪そのものがダメージを受けてしまうと、次の染髪の時には、もうきれいに染まらなくなってくるのです。
いつまでもきれいな髪を維持したいなら、髪を傷める心配のないヘアカラーを使うべきです。

おすすめはズバリ「白髪染めシャンプー」

髪にダメージを与えることなく、白髪染めをしたいなら、おすすめはズバリ「白髪染めシャンプー」。

・シャンプーの代わりに使ったり、
・シャンプーの後にトリートメントの代わりに使ったり、
・シャンプー前に使ったり・・・・・。

白髪染めシャンプーといってもいくつかタイプがありますが、これらはみんな、髪や地肌、手にも優しく、素手で使えるものです。

・一度である程度色がつくもの。
・数回の使用によって色が定着するもの。

当サイトでは、こんな今人気の白髪染めシャンプーを徹底比較。
使い勝手や価格、人気、口コミなどからベストな製品をランキングで紹介中です。
今まで他の白髪染めを使っていた方も、これからはじめて使う方も、ぜひ参考にしてみてください。

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント?

今、注目されている「白髪染めシャンプー」の中には、「シャンプータイプ」と「トリートメントタイプ」の大きく2つがあります。

どちらも、一般の白髪染めや、ヘアカラーのようにただ髪を染めるというだけではなく、髪のダメージを補修する有効成分がふんだんに含まれており、使うほどに髪がきれいにつややかになっていくという特徴があります。

上記の2つのタイプ・・・どちらがおすすめかと言いますと・・・・

シャンプータイプは
お風呂で染髪をする際のシャンプーの代わりに使うもの。
髪を洗うシャンプーそのものが白髪染めになっているものです。
染めている間の待ち時間もなく、使うたびに徐々に色が着いていきます。

とても簡単で毎日使えますが、一度では染まりにくいという難点があります。


トリートメントタイプは
シャンプーの後のトリートメント代わりに使います。
リンスやコンディショナー、トリートメントのように使用します。
※シャンプーの前に使い、その後シャンプーで洗い流すものもあります。

1度の使用でもある程度染まりますが、若干放置時間がかかります

当サイトではさらに詳しく、どちらのタイプにどんな特徴があるのか?
そして、どんな商品があるのか?
じっくり紹介していきます。

白髪染めシャンプーとトリートメントのメリットとデメリット

シャンプータイプって?

いつものシャンプーの代わりに、毎日使うことによって徐々に色を付けていくシャンプータイプの白髪染め。
手間なしで簡単だと言うけれど・・・そのメリット・デメリットは?

トリートメントタイプって?

シャンプーの後、トリートメントやコンディショナーの代わりに使うタイプがこれ。今人気の「白髪染めシャンプー」と言われているのはこの種類のこと。詳しく解説します。

白髪染めシャンプータイプの人気ベスト3

ランキング1位利尻白髪染めシャンプー
ランキング2位グローイングショット
ランキング3位グローリンワンクロス

利尻白髪染めシャンプー

利尻から待望の白髪染めシャンプーが発売。ライトブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ブラックの4色。毎日のシャンプーの代わりに使うだけでいつまでも髪色をキープ。
トリートメントと併用して使うのもおすすめです。徐々に色がつくので、染めたことをあまり知られたくない男性にもおすすめです。 とにかく手間なく簡単に!という方にはぜひ。

白髪染めトリートメントタイプの人気ベスト3

ランキング1位利尻ヘアカラートリートメント
ランキング2位ルプルプ
ランキング3位レフィーネ ヘッドスパ

「NO.1」利尻ヘアカラー

シャンプー後の髪に約10分。
お風呂で使えるので手間がかかりません。
白髪がない時でも使いたいほどトリートメント効果が抜群でオドロキの髪質に!
1回の使用でもかなりしっかり色が着きます。
シャンプーや部分染めもあるので、セットで使えばいつでも髪色を保てます
こちらもシャンプーと同様に色は4色あります。


髪に優しい白髪染めシャンプー・トリートメントを!

少し前までは、白髪染めと言ったらあのツーンとした嫌な臭いのする「ヘアカラー」が主流でした。
髪を傷めないものと言えば「ヘナ」くらい。
髪を染めれば髪は痛む・・・これが常識でした。

従来のあの嫌な臭いのする白髪染めは「酸化染毛剤(酸化染料)」というものを使って、髪に化学変化を起こさせその酸化によって色を付けていました
ですので1回でしっかり色が付くのですが、髪はどんどん使うたびにボロボロになっていくのです。

また綺麗な色を入れるために一度髪を脱色しそこに色を入れいきます。
だから染料が落ちてくるとその部分が今まで以上に真っ白になってしまうのです。

白髪染めの種類についてはこちらでも詳しく解説しています→白髪染めの種類

一度そうなってしまうともうどんどん髪は白くなっていきます。そしてパサパサになってしまいます。

確かにきれいに色が一回で入れば手間はありませんが先のことを考えると、なんとか地毛を守っていくべきです。

そこで登場したのが、当サイトでも紹介している、酸化染毛剤を使わない、地毛を守る白髪染め
酸化染料を使わず、髪を染めながらより髪に栄養を与え、ダメージを回復させる・・・といったトリートメント効果の高いものが多数発売されています。

髪は、一度傷みがひどくなると、なかなか修復できません。
どんなにヘアケアをしても完全に元の状態になることはありません。
そして傷みが酷くなると、今度は白髪染めやヘアカラーをしても色が入らなくなってきます
そうなってからではもう手遅れ。
いつまでもキレイな髪を維持したいなら、髪にダメージを与えない「髪に優しい白髪染めシャンプー・トリートメント」を使っていきましょう!